HOME>ホットトピックス>タクシー運転手は年収が高い!?気になる求人内容とは?

目次

タクシー運転手の仕事内容

タクシー運転手は日勤と夜勤、隔日勤務というのが一般的です。隔日勤務は1勤務あたり、19時間あるのが基本です。その中で3時間ほど休憩があり、翌日は必ず休みになります。1回の勤務時間が長いので、月の勤務日数は少なく、11回から13回が基本になっています。日勤と夜勤は一般的に言われる日勤、夜勤と同じで、隔日勤務よりも勤務日数は増えます。日勤の場合は月に22日から24日で、一般的な労働日数と変わりない日数です。子育てや介護など、家庭の事情がある場合には日勤の求人を選ぶといいです。

タクシー運転手の1日

タクシー運転手は出社すると点呼があります。この際に健康状態やアルコール反応が無いかのチェックがあります。また、朝礼では連絡事故の確認や安全運転のための確認をします。それが終わってから、一人づつの営業です。午前の勤務が終わると休憩をとり、午後の勤務です。夕方からがタクシー運転手のピークの時間ですので、その日の人が集まる場所に行ったり、人が多い駅に行ったりして、お客さんを待ちます。

努力次第でかなり稼げる仕事

タクシー運転手というと給料が安いというイメージがあるかもしれませんが、仕事をきっちりこなせれば、年収は普通のサラリーマンよりも高くなることが多いです。営業努力が給料に繋がるので、努力ができる人にとってはかなりいい仕事です。「どの駅が人が多い」「今日はこのイベントがある」などその地域の情報に気を配っておく事で、給料に差が出てくるので、地域の情報に精通していることが重要です。また、努力以外にも、運よく高額のお客さんに当たることがあるのもタクシー運転手ならではのこと。中には一回の乗車で15万稼いだことがあるドライバーもいるそうですよ。そう思うと、夢のある仕事ですよね。

広告募集中